憲法13条における幸福追求権は喫煙権に合致するか

タバコを吸う権利は認められるのか?


喫煙権と嫌煙権

公共の場や病院、駅など、人が多く利用する場所のほとんどが『禁煙』となり、更に、東京オリンピックを前に屋内全てが全面禁煙になろうとしております。

そこで注目されるのが、喫煙者の権利。すなわち『タバコを吸う権利(喫煙権)』です。

しかしココで疑問に思う事は、「喫煙権という権利は、憲法上ちゃんと明記されているのでしょうか?」という点です。


| 憲法13条 幸福追求権

喫煙をする自由、すわなわ喫煙者の権利は、日本国憲法第13条に規定される「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利(幸福追求権)」に基づいて考えられています。

要するに、『人権』に関して新たに設けられた規定が、この13条 幸福追求権であり、この自由を司る権利を用いて考えられているのが、喫煙権なのです。

この「人権」に関しては、時代背景と共に新たな「権利」が加えられてきました。
その中の一つに『嫌煙権』も含まれています。

しかし、実際に最高裁で認められているのは、肖像権における『プライバシー権』だけです。

これは、13条の条文にも記載されているように、必要不可欠な権利なのかどうか・・・という点がポイントになってくるようです。

- 日本国憲法第13条 条文-
すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

話が少し横に逸れましたが、では、タバコを吸う権利は認められるのか?という問題。

結論から言いますと、現段階では「難しい」が答えになるのではないでしょうか。

その一つが、「趣味嗜好の範囲内」。すなわち、個人的に楽しむものであり、吸っても吸わなくてもどっちでもいいモノという事です。

また、条文にもあるように「公共の福祉に反しない」という事が含まれているので、公共の場でタバコを吸っていて、禁煙区域だと注意を受けても喫煙権を主張する事は出来ません。

更に、上記でも記載しているように、幸福追求権で法的に保護されている権利は1つのみ。
喫煙権は、その中には含まれていません。

更に追い打ちをかける要因として、昭和45年9月16日【喫煙の自由】に最判で出された結果も加味されているようです。

詳細に関しては割愛させて頂きますが、この判決では、基本的人権において「喫煙の自由」は認めていますが、「時と場所」によっては制限されるものであると出されています。


| もう一つの権利。嫌煙権

1978年に「嫌煙権確立を目指す人びとの会」が提唱した権利。

その権利の主題は、「公共の場での喫煙禁止」「キレイな空気を吸う権利」。そして、「タバコの煙を不快だと穏やかに主張する権利」です。

嫌煙というキーワードから、喫煙者やタバコ自体を直接的に攻撃するようなイメージが持たれますが、実際は、喫煙者の権利も認めた上で、分煙などの対策を進め受動喫煙による被害を防止する事に重点をおいています。

とは言え、こちらも法的に保護されている権利ではありません。しかし、受動喫煙防止対策や健康増進法の観点からも、嫌煙家の主張が認められているケースは多岐に渡ります。

実際、公共施設での禁煙は当たり前となり、屋内全面禁煙への動きも加速しています。
キレイな空気を吸う!という権利は、法律上の禁止がなくても世間一般には受け入れられやすい権利なのかも知れません。


禁煙をもっと楽しく!お洒落に♪そんな貴方におススメしたい電子タバコ
次世代型電子タバコで禁煙スタート

ノーニコチン!ノータール!禁煙するなら次世代型の電子タバコで!

VAPE(ベイプ)カルチャー発信の地とされるカリフォルニア州。そんな場所から誕生した電子タバコは、手に持って見ているだけでも楽しくなってしまうアイテムばかり!

またアメリカ発という事もあり、そのデザイン性は男女を問わず多くの人から支持を得ています。

更に、バラエティー豊かな香りとその安全性を誇るフレイバーは、気分によって色んな香りを楽しみたい♪とおっしゃる方にも最適です。

加熱式タバコとは違う、発がん性物質を一切含まない、真の「禁煙グッズ」。
それが、VAPE(電子タバコ)です!

» VAPE(電子タバコ)とは?

禁煙関連キーワード:コンテンツ

禁煙関連用語 解説/ニコチン置換療法とは
禁煙による禁断症状の辛さ
これはニコチンが切れる事により起こる症状・・・

禁煙関連用語 解説/ニコチンパッチとは
ピップエレキ版のようなものを肌に貼る
と言う事は、皆さんご存知だと思います・・・

禁煙する人の為の禁煙治療
タバコ(たばこ)の煙に含まれている有害成分の数は
想像を超える程多く含まれています・・・

なぜ、酒を飲むとタバコの本数が増えるのだろうか
「Nicotine and Tobacco Research」2月/3月号掲載
日常的にタバコを吸っている48人の喫煙者に対して・・・

タバコ増税による各銘柄の値段は?
2010/10/01増税スタート。貴方が吸っているタバコは幾ら値上がりするか

タバコの税金の負担額・割合
ご存知ですか?タバコ1箱に掛かる税金の割合。そして、その内訳

チャンピックスとは?禁煙のための飲み薬
禁煙外来で処方される禁煙専用の薬。ニコチン切れを補う働きでイライラを抑える

禁煙国家とは
禁煙大国アメリカ。しかし、まだ禁煙国家ではない(2014年現在)。では、禁煙国家とはどんな国の形なのか・・・

覚醒作用
禁煙中に起こる強烈な眠気。その原因は覚醒物質にあったのです。ニコチン依存症特有の症状

ブリンクマン指数
喫煙による肺がんリスクが解る数値。喫煙本数と喫煙年数によって危険度が増加
禁煙渇望
禁煙期間が長くなるほど喫煙への欲望が増す

禁煙すると必ず体験 離脱症状
離脱症状はニコチンが体内から排除されて行き
その時起こるイライラなどの禁断症状を言います・・・

禁煙ガムの噛み方
私自身、禁煙ガムと言うものを利用したことはありませんが
ある日、禁煙外来の話をテレビでやっていたので・・・

COPD:慢性閉塞性肺疾患
タバコが引き金となる生活習慣病があります。それがCOPD

禁煙と肺との関係
喫煙により気管支やその周辺の機能が低下
それにより、肺と密接な繋がりを持つ病気になり易いというお話・・・

タバコ増税(値上げ)で禁煙率は上がるか?
日本でも税収を上げるため、先ず矛先が向くのがタバコ
批判もさほど強くは無いのでタバコの値段に対する税率も上げ易い・・・

三次喫煙とは?
たばこの煙が無くなっても危険度は更にアップ!3次喫煙の恐ろしさ

禁煙貧乏
禁煙すればムダな出費がなくなり、貯蓄や他の事に使える!
それって幻想になるかも・・・。それが『禁煙貧乏』です。

喫煙権と嫌煙権
タバコを吸う権利と喫煙を止めさせる権利は、一体どちらが強いのか
喫煙する権利は法的に認められているのか

たばこの日とは
たばこの日は「自由販売」のスタートでもあります。

禁煙成功のカギ:基本カテゴリ

» 禁煙する前に知っておきたいコト 管理人による禁煙 体験記。その体験から解ってきたタバコに関する事をご紹介
» 禁煙日記:禁断症状との闘い 管理人による禁煙日記をご紹介。現在も続いている禁煙生活を日記形式でご紹介
» 禁煙方法:禁煙して解ってきたこと 管理人による禁煙 方法、並びに禁煙して解ってきた事をご紹介
» 禁煙関連用語 解説 知っているようで知らないニコチンやタール、禁煙バッチなどの禁煙関連用語を解説



Copyright(c) 2006 Tobacco Road. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com